初めてキャバクラで働く-2- ~働く前に知っておこう~ 経験者が教えます!

キャバクラの指名制度

キャバクラの指名制度について、勉強しておきましょう!
これがわかっていないと、不利になることもあります。何となくでも結構ですので、頭に入れておいて下さいね☆
もちろん、とても重要なだけに実際に働き始めると、すぐにわかるようになります♪

キャバクラでのお仕事は、単にお客さんにお酒を作っておしゃべりするだけでは終わりません。
おしゃべりをして盛り上げるのは、ヘルプとしてお客さんをもてなす、もしくは“指名”獲得までのプロセスでしかありません。
キャバ嬢さんがお仕事を続けて行くには、お客さんに自分を“指名してもらう”という結果が必要になってくるのです。

キャバクラの指名制度はシビアです。
例えばクラブやホストクラブなどは、一度指名をしたら指名の子をを変えられない“永久指名”というルールのお店が多いです。
一方キャバクラでは一度指名した子をずっと指名しなければならないという縛りがないため、お客さんはお店に行くたび「どの子を指名するか?あるいはフリーで飲むか」を自由に選ぶことができるんです。
そのため、一度指名してもらったからといって油断はできず、お客さんをつなぎとめる必要があります。

指名には二種類あります!

“指名”には二種類あり、例えばあなたが「今日初めてお店に来た新規のお客さん」についたとします。
そこで新規のお客さんに気に入られ、指名が入ったとします。これを“場内指名”や“B指名”と呼びます。指名をよく取る売れっ子キャバ嬢さんは、このB指名をバンバン集めていきます。

そしてもう一つ、指名の種類があります。それが“本指名”もしくは“A指名”と呼ばれるものです。この本指名は、場内指名をもらってからまた違う日に、自分目当てでお店に来てくれた時に付くものです。

キャバ嬢の評価は、自分がどれほど売れたのか、お客さんを呼んだかという視点で決まります。
つまり、どれだけ売上げたか、どれだけ指名が取れたかで決まりますが、指名に関しては“本指名”の方が高く評価されます。
場内指名は、取れて当たり前とまでは言いませんが、頑張っていれば取れるものです。
本指名でお客さんを呼べば、お店も「あなたを雇った甲斐があった」として、「お客さんを呼んでくれてありがとうね」という風に評価してくれます。

本指名のお客さんが重要!

本指名してくれる自分のリピーター客をどれだけ作るかで、売上が変わってきます。
都心の有名売れっ子キャバ嬢さんの中には、お客さんが4,000人いると言われている人もいます!
それくらい自分を指名してくれるお客さんがいれば、出勤するだけで自然と本指名を獲得できるでしょうね。
もちろん、そうなるまでには相当な努力が必要だったことでしょう。

指名は、1本2本…という風に数えます。
二人のお客さんから指名してもらえれば指名は2本となり、一人のお客さんが2セット指名で飲んでくれた場合も2本となります。
また、キャバクラにもお給料の締日があり、たいてい1ヶ月毎です。その1ヶ月をワンクールと呼び、「アイさんは1クール指名200本取り、ナンバーワンになりました!」という風に言ったりします。

キャバ嬢というお仕事を続けていくには、この指名というものを意識し続けなくてはなりません。
指名が取れる接客については、また別の章でお話ししていきますね☆

即日体入歓迎のお店 全額日払いOKのお店 体入時給4000円以上のお店 今月の特集 土日も営業しているキャバクラ特集 今月の特集 土日も営業しているガールズバー特集 憧れの銀座高級クラブ ヘアメイクありますよ!

銀座ナイトワーク相談