初めてキャバクラで働く-6- ~働く前に知っておこう~ 経験者が教えます!

これであなたも指名が取れる!指名交渉のやり方

キャバ嬢としてお仕事をしていくには、ただお客さんの隣に座ってニコニコ笑い、トークで盛り上げるだけでは事足りません。
大切なのは、“指名を獲得して売り上げをアップさせること”なんです。
確かに、最近ではノルマを設けないキャバクラもたくさんあります。
しかし、それが=指名を取らなくても良い、というわけではありません。
やっぱり、指名を取ってお店に貢献しなければなりませんし、何より自分の肩身が狭くなって、お店に居辛くなってしまいます…。

お客さんから指名をしてもらうために必要なことは色々ありますが、まず“指名交渉”をしなければお話が始まりません。
すごくかわいいのに何故か指名が取れない…というキャストさんは、案外指名交渉のやり方を知らなかったりします。
指名交渉について理解しておけば、初心者キャバ嬢さんでも十分にスタートダッシュして、店長やまわりのキャバ嬢さんを驚かせることができます♪

指名交渉は、自分でやるものです

お客さんから「ナナちゃん指名するよ」と言ってくれるものでは基本ありませんし、ボーイさんが「どうです?ナナちゃんを指名なさってはいかがですか?」とお客さんにお伺いを立ててくれるわけでもありません。自分の成績のために、自分がやるのです。

と言っても、指名交渉は難しいものではありません。
ただひとこと、お客さんにお願いするだけです。
「ここにいてもいい?」と言う。
それだけです!“指名交渉”という呼び方から「あの、できれば指名してもらいたいんですが…」などと言うかと思いきや、そうではないんです。『ごくごく簡潔に伝える』のがミソとなります。

「あの、良かったら指名して欲しいんですけど…」など、“指名”という言葉を出すのは、大げさになってしまうのであまりオススメしません。
よく使用するワードは、先ほどお伝えしたように「ここにいてもいい?」のほか、「もっとお話ししたい」です。
自分なりにうまく組み合わせて「山崎さんとお話ししてると、楽しくて時間経つの早いな…。もっとお話ししたいんだけど、ここにいてもいい?」という具合でしょうか。
話が弾んでいる最中にボーイさんに声をかけられたなら、もっと自然に&唐突に「えー、時間経つの早いよ~。呼ばれちゃったんだけど…このままここにいてもいい?」と繰り出しても構いません!

人は、人にお願いをする時に、どうしても構えてしまいますし、「断られたらどうしよう…」という不安がにじみ出てしまいます。
しかし、そういった不安を見せず交渉することが大切です。
雰囲気に波を作らない、と言ったら良いでしょうか。
かしこまらず、それとなく要望を出す感じです。
「これ頼んだら悪いかも…」なんて空気は、微塵も出しません。
これが出来るようになれば、あなたはもはやベテランキャバ嬢です!(笑)
これは、厚かましいのではなくお客さんに楽しく過ごしてもらうためにも必要な技術ですので、安心して身につけてください。ナンバー入りする売れっ子キャバ嬢も、高級クラブのやり手のママも、本当にしれっとした空気でとんでもないおねだりをするものです(笑)

断られても気にしない!

もしそうして交渉を持ちかけても「う~ん、今日はね…」とか「またね!」とかいう返事が返ってきた場合は、キッパリと諦めてください。
「もうひと押しっぽい!」と思ったら多少粘ってもよいですが、即座にOKしないということは、その後頑張ってもOKになる可能性は低いです。

お客さんが首を縦に振らない理由は「タイプじゃない」「他の子も見てみたい」「指名するお金が無い」など色々ですが、あまり無理な営業をしても良いことはありません。

 「お金ないんだ…」と言って自分の指名交渉を断ったのに、次についた子を指名することなんて、よくあります。
そんなことをいちいち気にする必要はまったくありません!変にプライドを持つのではなく、お仕事として切り替えていくのです。
自分を指名しないお客さんに労力を割くのはやめて、自分を気に入ってくれるお客さんに全力投球してくださいね☆

即日体入歓迎のお店 全額日払いOKのお店 体入時給4000円以上のお店 今月の特集 土日も営業しているキャバクラ特集 今月の特集 土日も営業しているガールズバー特集 憧れの銀座高級クラブ ヘアメイクありますよ!

銀座ナイトワーク相談